CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
御寺院用常花 華(はな)は、シルクフラワーの常花販売専門店です
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
平成10年から法話図書館で連載された長谷川正徳(はせがわ・しょうとく)先生のちょっといい話 ブログ版です。携帯電話からも見られます。
<< 第94話 敬老と彼岸 | main | 第96話 老年期は人間形成が頂点である >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - | | - | - |
第95話 心の時代
  9月15日の敬老の日にちなんで、厚生省は、恒例の全国高齢者名簿を発表した。

 9月30日までに100歳以上となる長寿者は、全国で男・562人、女・2106人の計・2668人で、これは長寿者名簿が初めて発表された昭和38年の100歳以上の長寿者が、わずか153人だったのに対し、25年間で、何と約17倍に増えたことになる。

 62年簡易生命表によれば、日本人の平均寿命は、男・75.61歳、女・81.39歳で、これは世界最高水準に達したものであり、今後とも高齢者の医療体制の整備なども進んで、長寿者増加の傾向はますます上昇カーブを続けてゆくと厚生省は予想している。

 ということは、「いったん生まれると、ほぼ天寿に近いところまで生きられる」ようになってきたということであって、それでは「人は何のために生きるのか」と改めて問われる時代になったということであろう。言葉を変えて言えば「生きがいの問われる時代」、つまり、いうところの「心の時代」に入ったといえよう。

 敬老の日を前後に、決まって毎年のように老人の自殺が報道される。悲しいことだ。生きがいを失った老人を待っているのは孤独と退屈の地獄である。そこへ病苦が忍び込む。そうならないために、老いの来る前に心の準備をなすべきである。晩熟の豊かさ、美しさを目指して、老後第二の人生にスタートできるかどうか、それはいつにかかつて若いときから「心の豊かさ」に生きたかどうかにかかっていると言えよう。
Posted by houwa-hase | ちょっといい話 | 13:18 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク | - | 13:18 | - | - |