CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
御寺院用常花 華(はな)は、シルクフラワーの常花販売専門店です
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
平成10年から法話図書館で連載された長谷川正徳(はせがわ・しょうとく)先生のちょっといい話 ブログ版です。携帯電話からも見られます。
<< 第97話 彼岸へのみち | main | 第99話 普通の人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - | | - | - |
第98話 彼岸に生きよう
  生死を此岸となし、涅槃を彼岸となし、煩悩を中流となす。菩薩は無想の智慧をもって禅定の舟船に乗り、生死を此岸より涅槃の彼岸に到る」


 9月、暑さ寒さも彼岸まで、春秋二季の彼岸会は共に季節の変わり目、殊に秋は厳しい暑さから解放されて爽涼の季節に、又、春は寒さから暖かさの楽しみに移ります。

 この機会をとらえ、御先祖さまたちは祖先崇拝を通して、新しく伝来した仏教精神ととけ合い、生活のリズムを正す智慧袋を残してくれました。

 現在の祝日法に春分は「自然をたたえ生物をいつくしむ」とあり、秋分を「祖先をうやまい、なくなった人をしのぶ」としています。

 私達は稔の秋を迎えて大自然の恵みをたたえ、天地の恩に感謝し、先人の偉大な徳を偲んで報恩の誠を捧げなくてはなりません。

 祖先を忘れ親を思わぬ者の生活は乱れます。日々これ此岸の中に浮き沈みするお互いが、与えられた夫々の場を通じて四恩報謝、現前直下の自己をいかに充実していくかを、自ら叱り、自らをみつめ、真実の智慧をともして精進する時、此岸の世界を彼岸に変えていきます。

 生死の苦海を渡す智慧のひをともして、彼岸に生きる生活に精進してまいりましょう。
Posted by houwa-hase | ちょっといい話 | 13:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク | - | 13:21 | - | - |